ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすめの学校はどこ?

ブライダル関連で働くための方法をご紹介しています!

ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすの学校はどこ?
  1. 「ブライダル関連」で働くための方法とお給料を紹介

「ブライダル関連」で働くための方法とお給料を紹介

ブライダル関連のヘアメイクってどんなお仕事?

衣装合わせから、事前の写真撮影、当日のヘアメイクやお色直しと、打ち合わせから本番当日までの花嫁さんのすべてのコーディネートについてサポートするのが、ブライダル関連のヘアメイクのお仕事です。昔ながらの結婚式場だけでなく、レストランウェディングやガーデンウェディング、オリジナルウェディングといった結婚式のスタイルの多様化に伴って、ドレスやヘアメイクも多種多様なものが求められるようになっています。それぞれのコンセプトに寄り添いながら、花嫁さん1人ひとりにピッタリの美のコーディネートをサポートする必要があるため、幅広い感性と技術が必要です。

ブライダルのヘアメイクは、ドレスの色やデザイン、会場の明るさ、雰囲気などすべての要素のバランスを考えながら、花嫁さんが美しくいちばん綺麗な状態に仕上げなければなりません。高度な知識を必要とする専門的な仕事ですが、打ち合わせの段階から新郎新婦と共に結婚式を作り上げていく作業であるため、感動と喜びを共有できるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

ブライダル関連のヘアメイクってどんなお仕事?

どんな人が向いているの?資格は必要?

ブライダルヘアメイクアーティストになるには、ヘアメイク専門の知識と技術が必要なのはもちろん、会場全体から見た場合と至近距離で見た場合のいずれも最高に美しい状態に仕上げるため、バランス感覚と視野の広さ、そして色彩や照明に関する専門知識も必要です。

また、ブライダルヘアメイクアーティストの仕事は、ヘアメイクの技術と同じくらい新郎新婦への気遣いが重要です。新郎新婦にとっては多くの場合初めての作業で緊張しながら作業が進んでいくことになります。そんな中で2人の気持ちや希望する式の形を汲み取り、イメージをふくらませながら必要な作業を考え、話し合い、伝えていかなければなりません。結婚式当日は特に、最高の笑顔を引き出せるように新郎新婦の緊張を和らげるための細かい気遣いとスムーズに段取りを進めるための計画性やあらゆる突発的な事態への機転の利いた対応力が必要です。打ち合わせから式当日までのこういった作業を滞りなく進めるためには、コミュニケーション力が非常に重要になってきます。

ブライダルヘアメイクを行うにあたって持っておくと有利になる資格や受けておくべき検定には、美容師免許、JMAメイクアップ技術検定、アシスタントブライダルコーディネーター(ABC)検定、ネイリスト技能検定、着物着付師、パーソナルカラー検定、ファッション色彩能力検定、JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定などがあります。

どんな人が向いているの?資格は必要?

ブライダルで働くとどれくらいお給料がもらえるの?

ブライダルヘアメイクアーティストは、ホテルや結婚式場、ブライダルプロデュース会社提携のサロン、ヘアメイク専門のプロダクションなどに就職または所属して、正社員や契約社員として働くという形が一般的です。

未経験で入社した場合、1年目はアシスタントとして経験を積んでいきますが、その間の年収はだいたい200万円程度です。その後数年かけて多くの経験を積み、一人前として認められるのがだいたい入社5年目です。新郎新婦と打ち合わせをし、その中でイメージを作り上げて実際のヘアメイクを行うことまで任されるようになった頃は、年収が350万円程度にはなっているでしょう。

そして会社やお店の中で後輩のヘアメイクアーティストたちの指導を行ったり、より大きな仕事を任されたりするようになる頃には、年収500万円程度になります。一般的には入社10年目くらいが目安でしょうか。これ以降は独立して事務所を立ち上げたり、フリーランスに転身して幅広く活躍したりするようになる人も出て来ます。

ブライダルで働くとどれくらいお給料がもらえるの?

私がおすすめするヘアメイク専門学校

関連記事

ページのトップへ