ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすめの学校はどこ?

フォトスタジオで働くための方法とお給料をご紹介しています!

ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすの学校はどこ?
  1. 「フォトスタジオ」で働くための方法とお給料を紹介

「フォトスタジオ」で働くための方法とお給料を紹介

フォトスタジオでヘアメイクってどんなお仕事?

フォトスタジオには大きく分けてプロのカメラマンが撮影用に使用するレンタルのスタジオと、いわゆる写真館があります。

レンタルのスタジオを使った撮影現場は、雑誌やチラシ、インターネット、CDジャケットなどに掲載するための写真を撮るフォトセッションで、そこでのヘアメイクアーティストの仕事は撮影対象となるモデルを撮影のイメージに合わせて仕上げるためのヘアメイクを担当することになります。

一方、写真館は履歴書の証明写真から、七五三、成人、入学、卒業、結婚、出産などのライフイベントの記念写真など、クライアントの希望に合わせて様々なシチュエーションに対応します。そのため、仕事内容はヘアメイクだけでなく、衣装選び、着付け、撮影のアシスタント、衣装メンテナンス、写真選び、スタジオ内の飾り付けなど多岐に渡ります。

レンタルスタジオを使った撮影現場におけるヘアメイクアーティストの仕事はいわゆる本業ですが、写真館での仕事はヘアメイクの技術や知識以外にも、多くの技術や能力を必要とされる総合的な仕事であると言えるでしょう。

フォトスタジオでヘアメイクってどんなお仕事?

どんな人が向いているの?資格は必要?

レンタルのフォトスタジオを使った撮影現場でヘアメイクアーティストとして仕事をする場合に必要とされる資質は、一般的なヘアメイクアーティストと同じです。メイクアップやヘアアレンジに関する豊富な知識と技術、そしてセンスが必要なだけでなく、流行に対して敏感である感性が必要です。また、レンタルのスタジオのフォトセッションは、カメラマンやアシスタント、プロデューサー、モデル、スタジオのスタッフなど含め、すべての人がその日限りのチームであることが多いのが特徴です。その中で求められるイメージを限られた時間内に作り上げるには、モデルの特性やクライアントの要望を素早く理解する必要があり、そのためにはコミュニケーション力が必須であると言えるでしょう。

一方、写真館での仕事は上記のように多岐に渡るため、ヘアメイク技術に加えて様々な技術が必要とされます。特に衣装のコーディネート力や着物の着付けができると重宝されます。また、小さいお子さんからお年寄りまで様々な年齢層のお客さまに対応しなければならず、相手はプロではありません。モデルさんを相手にする仕事とはまた違った能力で関係を築かなければならないでしょう。

持っておくとよい資格としては、通常のヘアメイクアーティストに望まれるものと同じく、美容師免許、JMAメイクアップ技術検定、アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)、ネイリスト技能検定、着物着付師、パーソナルカラー検定、ファッション色彩能力検定などが挙げられます。

どんな人が向いているの?資格は必要?

フォトスタジオで働くとどれくらいお給料がもらえるの?

レンタルスタジオのフォトセッションでのヘアメイクを行うのは、ヘアメイク専門のプロダクションに所属するヘアメイクアーティストが多く、そのため平均年収は100~500万円程度と考えておけばいいでしょう。アシスタントとして現場に行く場合は、プロダクションからのお給料もまだ少ないので月収にして10万円以内ですが、メインのヘアメイクアーティストとして現場に行く場合は、月収20~40万円はもらえるようになっています。 写真館にヘアメイク可能なスタッフとして所属する場合は、経験の有無によっても異なりますが、月収15~20万円程度からスタートして、会社勤務と同じように昇給や賞与もある場合が多いようです。しかし逆に試用期間は時給1,000円程度になるケースも少なくありません。

フォトスタジオで働くとどれくらいお給料がもらえるの?

私がおすすめするヘアメイク専門学校

関連記事

ページのトップへ