ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすめの学校はどこ?

学費についてご紹介しています!

ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすの学校はどこ?
  1. 学費はどれくらいかかるの?

学費はどれくらいかかるの?

ヘアメイク専門学校の学費ってどれくらい?

ヘアメイク科のある専門学校は全国にたくさんありますが、それぞれ選択するコースによってカリキュラムの内容も異なれば、通う年数も1~3年と幅があり、それに伴って学費も変わってきます。

一般的には入学金が約5~30万円、年間の授業料が約50~100万円かかるほか、その他設備充当費などが約20~60万円かかるため、初年度は年間で約100~150万円かかります。2年目、3年目があるコースを選択した場合は、ここから入学金を引いた金額が1年にごとにかかると思っておけばいいでしょう。ただしヘアメイク科では主にこういった学費に加えて、ウィッグや化粧品、スタイリング剤といった材料費、そして在学中に資格を取得する場合は検定料などもかかります。学校によっては授業料にこういった材料費や検定料が含まれているところもありますので、事前によく調べてだいたいの総額を把握しておきましょう。

また、専門学校には夜間コースが用意されているところもあり、働きながら、あるいは大学に通いながら勉強することができますが、この夜間コースは昼間のコースよりも期間が短く、授業料も安く抑えられます。費用に問題がある場合は夜間コースを考えてみるのもいいでしょう。

ヘアメイク専門学校の学費ってどれくらい?

専門学校でも使える奨学金を知っておこう!

専門学校に通う場合でも、日本学生支援機構や地方公共団体の奨学金や、各学校が独自に実施している奨学金などが利用できます。日本学生支援機構の奨学金には無利子で利用できる第一種と、利息がかかる第二種があります。第一種は高校の成績の平均値が3.5以上という学力基準を満たしていなければならず、家庭における給与所得者の収入の上限も設定されています。第二種にも学力基準や家計基準などがあり、誰でも確実に借りられるわけではありません。また、いずれも貸与型であるため返済しなければならず、返済期間や毎月の返済額なども決められています。

地方公共団体の奨学金は、専門学校生が利用できるものはほとんどが貸与型で、成績や家計に関する基準は自治体によって異なります。利子の有無や金額についても自治体ごとに異なりますが、無利子タイプが多い一方で借りられる金額はそれほど多くありません。

各専門学校が実施する奨学金には給付型と貸与型がある場合が多く、それぞれの条件は学校によって様々です。奨学金の利用希望者に試験を実施してその成績によって支給が決まる場合もあれば、特定の資格を有する者に支給される場合もあります。また貸与型を利用していても、卒業後に一定の条件を満たした場合は返還不要になることもあります。

ただし上記の中には、専門学校として地方自治体からの認可を受けている学校でなければ利用できない奨学金もあるので、進学を考えている専門学校で利用できる奨学金にどんなものがあるか、事前にしっかり調べておきましょう。

専門学校でも使える奨学金を知っておこう

私がおすすめするヘアメイク専門学校

関連記事

ページのトップへ