ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすめの学校はどこ?

一番人気ヘアメイクアーティストになるための方法をご紹介しています!

ヘアメイク専門学校の評判チェック!夢が叶うおすすの学校はどこ?
  1. 一番人気ヘアメイクアーティストになるには?お給料や実情紹介

一番人気ヘアメイクアーティストになるには?お給料や実情紹介

ヘアメイクアーティストとはどんなお仕事?

ヘアメイクアーティストとは、テレビ、雑誌、ライブ、結婚式、ファッションショーといった現場で俳優やモデル、アーティストなどのヘアメイクを行ったり、映画や舞台での特殊メイクを施したりする人のことです。ヘアメイク事務所に所属してお仕事の依頼を受けるのが通常ですが、有名なヘアメイクアーティストになるとフリーになったり独立したりすることもあります。

ヘアメイクアーティストの仕事は、モデルとなる人のその日の仕事の出来映えにまで影響する重要かつ厳しい作業です。また、髪質や肌質は人によって異なる上に、現場によって作り出すべき雰囲気も様々。そのため、モデルとなる人の特性や魅力を瞬時に判断し、それをうまく引き出しながらその日その現場で必要とされる形に仕上げるという高度なセンスと技術が必要とされます。

また、ヘアメイクアーティストと言っても現場によってはヘアアレンジとメイクアップだけではなく、衣装、アクセサリー、ネイルなどトータルの演出を任されることもあるので、そういったヘアメイク以外の技術を身につけておく必要もあります。

ヘアメイクアーティストとはどんなお仕事?

どんな人が向いているの?資格は必要?

ヘアメイクアーティストには、モデルの個性やその日の状態、そしてその場で必要とされるトータルの雰囲気に合わせてできることを瞬時に引き出すための豊富な知識とたしかな技術、そしてセンスが必要です。また、自分の中に確固とした美の基準を持っていながら、クライアントの要望を叶え、モデルとなる人の特性を生かすという離れ業をやってのけなければならないため、柔軟性が非常に重要です。そのためにはアイディアの引き出しを豊富に用意しておくこと、そしてそれを提案し、相手の要望とすり合わせながらお互いに納得するまでのコミュニケーション力も必要ですね。そしてもちろん、つねに流行に対して敏感でなければなりません。

こういった能力をすべて兼ね備えるために必要なのは、「美」への興味です。ヘアメイクアーティストの仕事は、美しくなること、人を美しくすることが好きである、という人でなければ続かないと思います。

特定の資格を持っていなければメイクアップアーティストになれないというものではありませんが、資格を持っていることが仕事を得る上でのアピールになることは確実です。例えばJMAメイクアップ技術検定試験。4級から1級まであり、皮膚科学理論やスキンケア理論、メイクアップの基礎知識を問う筆記試験から、級が上がると実技試験やカウンセリング、コミュニケーションのスキルなども問われます。その他、美容師免許、アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)、ネイリスト技能検定、着物着付師、パーソナルカラー検定、ファッション色彩能力検定などは、持っていると仕事の幅が拡がるきっかけになるでしょう。

どんな人が向いているの?資格は必要?

ヘアメイクアーティストの気になるお給料を紹介

フリーランスとして活躍しているヘアメイクアーティストのアシスタントについた場合、年収は0~150万円程度です。忙しさとは裏腹に勉強期間ということでお給料はほとんどもらえないこともしばしばあります。

次に企業勤務の場合ですが、エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職し、その会社の社員として働く場合、平均年収は180~400万円程度と言われます。金額は会社の規模によって変わります。

ヘアメイク専門のプロダクションに所属した場合の平均年収は、100~500万円程度です。現場未経験からのスタートの場合、最初はアシスタントを含む雑務が中心になるので月収10万円以下ですが、仕事がきちんと入ってくるようになると年収300万円を超えるようになっていきます。

そして独立してフリーランスのヘアメイクアーティストとしてやっていく場合、売れっ子になると年収は数千万円を超えます。テレビや大手出版社と専属契約を結ぶ、あるいは本やDVDを出すなど本人の露出があるほど有名になってくると億を超えることもあるようです。

ヘアメイクアーティストの気になるお給料を紹介

私がおすすめするヘアメイク専門学校

関連記事

ページのトップへ